プリキュア第19作『デリシャスパーティ♡プリキュア』発表。放送開始はいつ?

本当に、1年はあっという間です。最高にトロピカってる今年も、とうとうこの季節が巡ってきました。

2021年11月26日午前6:00、プリキュアシリーズ第19作『デリシャスパーティ♡プリキュア』が発表されました。

『ヒーリングっど♥プリキュア』『トロピカル〜ジュ!プリキュア』に続き、「プリキュア」の前に記号が前置されるタイトルになっています。「プリキュア」の語が他の語と分離されることで、あらゆる検索プラットフォームで高い検索性が期待できます。これは意外と重要なことなのです。

略称は公式からハッシュタグで『デパプリ』が提示されており、一応はこれがそのまま定着するのでしょうか。

取り急ぎ、現在判明している情報だけを頼りに様々な観点から分析してみます。

語句分析

“delicious”は英語で「おいしい」という意味が有名ですが、実は古い表現として「愉快な」「楽しい」という意味でも使われます。

ラテン語の“lacio”(誘惑する)という動詞に強調の“de-”をつけて“deliciae”(喜び、贅沢)という名詞が生まれ、さらにそこに性質や傾向を表す“-osus”をつけて“deliciosus”(おいしい)という形容詞が生まれました。そこからフランス語などを経て英語に借用され、わたしたちが知る“delicious”になったわけです。

一方“party”(パーティー)は日本語では専ら「社交的な集まり」や「(冒険などをともにする)仲間」、せいぜい「政党」くらいの意味で使われますが、英語では法律用語として「当事者」「関係者」という意味もあります。

こちらはラテン語の“partio”(分ける、共有する)という動詞の受動相完了分詞“partitus”(分けられた、共有された)の女性形“partita”がいくつかの変遷を経て英語に入ったものです。

言葉の歴史を紐解けば、『デリシャスパーティ♡』には「おいしいパーティー」以外にも「楽しみをシェアする」といった意味を読み取ることも可能です。深読みですけどね。

つくって、たべて、たたかって?

長年のプリキュアファンなら、タイトルから『キラキラ☆プリキュアアラモード』(2017)を連想したことでしょう。タイトルロゴには「デ」の濁点部分にグラス、英文タイトルの両サイドにはフォークとスプーンのような意匠が見えます。ちなみに左右のキラキラは『Go! プリンセスプリキュア』(2015)のロゴに見られるそれと形状が似通っています。

“食”が来期のテーマであることは、疑いようがなさそうです。『プリアラ』の「レッツ・ラ・1ぷんかんクッキング」のようなコーナーが、また放送中にあるかも知れません。スイーツ作りを楽しんだあの1年を思い出し、今のうちにキッチンまわりを綺麗に片付けておきましょう。

「シリーズ第19作」

『デリシャスパーティ♡プリキュア』で、プリキュアも第19作です。えらいことです。

鷲尾プロデューサー基準のカウントでは『デリシャスパーティ♡プリキュア』の次、第20作が記念すべき「プリキュア20周年」となるため、シリーズ放送中の秋頃には何らかの動きが始まるものと予想されます。

あらためて歴代TVシリーズのタイトルを振り返ってみます。

  • 2004『ふたりはプリキュア』
  • 2005『ふたりはプリキュアMaxHeart』
  • 2006『ふたりはプリキュアSplash☆Star』
  • 2007『Yes! プリキュア5』
  • 2008『Yes! プリキュア5GoGo!』
  • 2009『フレッシュプリキュア!』
  • 2010『ハートキャッチプリキュア!』
  • 2011『スイートプリキュア♪』
  • 2012『スマイルプリキュア!』
  • 2013『ドキドキ!プリキュア』
  • 2014『ハピネスチャージプリキュア!』
  • 2015『Go! プリンセスプリキュア』
  • 2016『魔法つかいプリキュア!』
  • 2017『キラキラ☆プリキュアアラモード』
  • 2018『HUGっと!プリキュア』
  • 2019『スター☆トゥインクルプリキュア』
  • 2020『ヒーリングっど♥プリキュア』
  • 2021『トロピカル〜ジュ!プリキュア』
  • 2022『デリシャスパーティ♡プリキュア』

柴田宏明プロデューサーになってからの『ドキプリ』が、真ん中に来てしまいました。つい最近のプリキュアという気がずっとしてたんですけど、もう8年前のシリーズなんですよね。

なお『ゴープリ』途中で柴田プロデューサーから神木優プロデューサーにバトンタッチして以降は、若手プロデューサーがシリーズごとに交代でじっくり担当するように製作態勢が変わっています。『デリシャスパーティ♡プリキュア』も、おそらくそれを踏襲するでしょう。

プリキュアが72.43人に?

幅はありますが、『デリシャスパーティ♡プリキュア』が始まった時点で歴代プリキュア(TVレギュラーのみ)の人数が71~74人に、そして最終的には72~75人程度になるものと見込まれます。

プリキュアの製作態勢が現在の形になった『Go! プリンセスプリキュア』(2015)から現行作『トロピカル〜ジュ!プリキュア』(2021)までの実績から平均値を算出すると、

  • 初期メンバー…3.43人
  • 追加メンバー…1.14人
  • 最終メンバー…4.57人

となります。『トロプリ』追加プリキュアであるキュアラメールまでの69人と単純に足すと、春までには72.43人程度に、そして来年の今頃には73.57人程度になったプリキュアオールスターズが見られそうです。

「プリキュアオールスターズ」が14歳に

データカードダス「プリキュアオールスターズ GoGoドリームライブ!」と映画『ちょ〜短編 プリキュアオールスターズGoGoドリームライブ!』を皮切りに「プリキュアオールスターズ」というブランドでの各種展開が始まったのは、『Yes! プリキュア5GoGo!』(2008)放送中の秋のことでした。来年2022年で、そこから14年経ったことになります。

そう、ユニットとしてのプリキュアオールスターズが14歳になるのです。

放送時期、未定?

今回めずらしく放送開始時期に触れられていませんが、むしろ『トロピカル〜ジュ!プリキュア』DVDが全15巻で確定したことから2022年2月6日(日)スタートの可能性が濃厚といえるでしょう。

『トロプリ』話数予想については、6月に書いた記事をご覧ください。

この記事を書いてから半年ほどが経っていますが、現在もなお当時の予想に矛盾する兆候は見られません。

なおテレビ朝日が全米オープンゴルフ中継から完全に降りたと思われることから、他に特番などがない限り『デリシャスパーティ♡プリキュア』には『魔法つかいプリキュア!』(2016)以来6年ぶり4シリーズ目となる「全50話」が見えてきました。来年度52回めぐってくる日曜日のうち、今のところ確実視される放送休止は2022年11月6日の全日本大学駅伝、そして2023年1月1日の年始の2回のみです。

またしても厄介な文字、「♡」

『デリシャスパーティ♡プリキュア』では、タイトルに白ハート「♡」を含んでいます。旧JISコード(JIS X 0208:1997)に割り当てられていない文字がタイトルに含まれるのは『ヒーリングっど♥プリキュア』(2020)以来、波ダッシュとチルダを厳格に区別するなら『トロピカル〜ジュ!プリキュア』(2021)に続いてとなります。

この文字は、Unicodeに対応した環境でなければ扱うことができません。そのため一部の環境ではコピペしたりメールで送ったりした際に文字化けが発生する恐れもあります。さらに言えば、古いWindows(FAT32ファイルシステム)では、この名前でフォルダやファイルが作れません。

プリキュアの作品公式サイトで言えば、東映アニメーション側の『ドキドキ!プリキュア』以降、ABC(アニメーション)側の『Go! プリンセスプリキュア』以降、そして『映画ドキドキ!プリキュア』以降のサイトがUnicode(UTF-8)で作られています。それまでは全て「Shift-JIS」という日本独自の文字コードで作られていました。

東映アニメーションの公式サイトでソースを確認したところ『ヒーリングっど♥プリキュア』と同様、今回も一様に「デリシャスパーティ♡プリキュア」と10進による実体参照形式(Unicodeを直接扱えない環境でUnicode文字を表記していた時代の名残)で表記されていました。文字化けを防ぐための措置と考えられます。『ヒーリングっど♥プリキュア』では「♥」表記でしたが、今回は白ハートのためこのような表記になったようです。一方、ABC側は今回も「♡」ベタ書きです。

『ヒープリ』に続いて、来期の最大の敵は「文字化け」となります。世の中の環境の大部分がUnicodeやJIS X 0213:2004に対応してきたとはいえ、しばらくは各所で予期しない現象も発生するかも知れません。そこらへんで「デリシャスパーティ?プリキュア」という表記を見かけたら、担当者の苦労に思いを馳せつつ読み替えて差し上げましょう。

マイルストーン、シリーズ通算900回

2022年6月5日放送(見込)の『デリシャスパーティ♡プリキュア』第18話にて、ついにプリキュアシリーズの放送回数が通算900回を迎えます。ここまで来ると、夢の1000回もそう遠くはありません。なお『ヒーリングっど♥プリキュア』「おさらいセレクション」の影響で通算話数はそこから9話分ずれており、通算900話は2022年8月7日放送(見込)の第27話になります。

劇伴のMナンバー

劇伴音楽のMナンバーは例年、作品の頭文字から取られていますが、「D」は既に『ドキドキ!プリキュア』(2013)が使用しています。順当にいけば『デリシャスパーティ♡プリキュア』は「DP」でしょうか。音楽担当は寺田志保さんが3年目の担当となると思われますが、近年は交代が早まる傾向にあり、確定的なことは言えません。

今後の流れ

例年のシリーズ発表スケジュールをおさらいしておきましょう。

タイトル発表

  • スマ…2011/11/28(月) 12:00
  • ドキ…2012/11/28(水) 昼
  • ハピ…2013/11/28(木) 早朝
  • ゴプ…2014/11/28(金) 早朝
  • まほ…2015/11/27(金) 6:00
  • アラ…2016/11/28(月) 6:00
  • はぐ…2017/11/29(水) 7:00
  • スタ…2018/11/29(木) 6:00 (幼児誌発売日)
  • ヒー…2019/11/29(金) 6:00 (幼児誌発売日)
  • トロ…2020/11/27(金) 6:00 (幼児誌発売日)
  • デパ…2021/11/26(金) 6:00 (幼児誌発売日)

今年のタイトル発表は前3年と異なり、幼児誌2022年1月号発売日の前日となりました。様々な事情を勘案し、土曜日は避けたものと考えられます。

ビジュアル発表

  • スマ…2011/11/28(月) 12:00(タイトル同時)
  • ドキ…2012/12/26(水)朝
  • ハピ…2013/12/26(木)朝
  • ゴプ…2014/12/26(金)朝
  • まほ…2015/12/26(土) 6:00
  • アラ…2016/12/26(月) 6:00
  • はぐ…2017/12/27(水) 6:00
  • スタ…2018/12/27(木) 5:00 (幼児誌発売日)
  • ヒー…2019/12/26(木) 6:00 (幼児誌発売日)
  • トロ…2020/12/26(土) 6:00 (幼児誌発売日)
  • デパ…2021/12/25(土) 6:00 (幼児誌発売日)…?

ビジュアル発表は、曜日に拘束されないようです。例年通りであれば、幼児誌の2022年2月号発売日である12/25(土) 6:00が狙い目です。

キャスト・スタッフ発表

  • スマ…2012/01/06(金) 12:00
  • ドキ…2013/01/07(月) 11:00
  • ハピ…2014/01/04(土) 6:00
  • ゴプ…2014/12/27(土) 6:00
  • まほ…2016/01/05(火) 6:00
  • アラ…2017/01/06(金) 6:00
  • はぐ…2018/01/06(土) 6:00
  • スタ…2018/12/27(木) 5:00 (ビジュアル同時)
  • ヒー…2019/12/26(木) 6:00 (ビジュアル同時)
  • トロ…2021/01/29(金) 6:00
  • デパ…2021/12/25(土) 6:00 (ビジュアル同時)…?

『トロプリ』は放送スケジュール変更の影響で発表が遅かったこともあり、『デリシャスパーティ♡プリキュア』は『スタプリ』『ヒープリ』の傾向からビジュアルと同時の12/25(土) 6:00と予想されます。

まだまだトロピカっていきましょう

こうして先輩になってしまう『トロプリ』ですが、TVシリーズも豪華なアニメーターが集結した#29や10本立て(11本立て)ショートストーリーの#33など話題に事欠かず、まだまだ目が離せません。

思えばコロナ禍という状況の下で例年よりも3週間遅れて始まり、そして前後の春映画もなかった『トロピカル〜ジュ!プリキュア』。しかし情勢が落ち着いてきてライブは無事開催、映画も好評上映中。そしてTVシリーズも話題に事欠かず、「トロプリ感謝祭」も間もなく詳細が発表されるでしょう。

作品の視聴そのものは、Blu-rayや配信などで後からいくらでも追いかけられます。しかし、近所のコンビニやスーパーに『トロプリ』商品がたくさん置いてあったり、あちこちで関連イベントやキャンペーンが開催されているのは、今だけです。悔いの残らないように、残された2ヶ月、めいっぱいトロピカっていきましょう。

さて私事ですが、今年も12月26日(日)阿佐ヶ谷ロフトAにて、プリキュアおじさん氏主催のクリスマスイベント「プリキュアおじさんpresents キラキラおしゃれクリスマス会」に出演させていただきます。

出演はプリキュア楽曲を中心にDJとして活躍するプリキュアおじさん、 “変身職人”として名を馳せるアニメーター・ 板岡錦さん、祥太、ほか。

外出に支障のない方、万全な感染症対策の上、お越しくださいませ。

作成者: 祥太

広島出身、中野在住エンジニア。 同人サークル「SHOWTIME」でプリキュアの音楽やフォントを研究してます。イベント出演、DJもちょこっと。 プリキュア関係でのお仕事はCDBOX選曲協力、原画集編集作業補佐などをやらせていただきました。古典ギリシア語、ラテン語を勉強中です。