カテゴリー
CD ライブ 音楽

ヒープリ、ミニライブ無料生配信

9月11日正午、「『ヒーリングっど♥プリキュア』スペシャルトーク&ミニライブ生配信 おウチでうたって♪ おどっちゃおう!」が9月19日(土) 17:30から配信されることが発表されました。

実質的に、コロナ禍により開催中止となった『ヒーリングっど♥プリキュアLIVE2020 キュアTouch! ヒーリングっど♥MUSIC!』の代替イベントであるとみられます。

無料配信で特に物販などもなく、プリキュアとプリキュア音楽の未来のための、採算を度外視した決断であることは確かでしょう。まさに”WE LOVE PRECURE MUSIC”のなせるわざです。

これにより、「気合いを入れてガチ勢にまじりライブに参戦する」という心理的なハードル、「倍率の高いチケットを確保する」という機会的なハードル、「往復の交通機関と宿を確保して上京する」という物理的なハードルはいずれも取り去られました。

ヒープリが大好きな現役のお友達。佳那子氏や理恵さんの歌う主題歌が大好きだった少し大きくなったお友達。プリキュアに興味はあるけど今一つきっかけがなかった多くのお友達。そんな人達にプリキュアライブ、そしてプリキュアの音楽に触れてもらえる、またとないチャンスです。

そこで関係各位の決断を微力ながら応援する意味で、来週の配信にあたってこれまで発売されている『ヒーリングっど♥プリキュア』の音楽を振り返りながら、改めて“布教”していきたいと思います。

とりあえずCDを持ってない人は来週の本番までに揃えて聴き込んでおくといいと思います。

今からでも間に合う! 『ヒーリングっど♥プリキュア』歌の総復習

前期主題歌シングル

オープニング主題歌「ヒーリングっど♥プリキュア Touch!!」と前期エンディング主題歌「ミラクルっと♥Link Ring!」を収録したシングルです。

なおプリキュアのシングルCDで「DVD付き盤」と「通常盤」に分かれているものは、常に両方購入されることをおすすめします。DVD付き盤のみに収録される「作曲者による正しいメロが取れるメロディ入りカラオケ」と通常盤のみに収録される「細かいアレンジを味わえる純カラオケ」は、楽曲を深く理解する上でいずれも欠かすことはできません。

  1. ヒーリングっど♥プリキュア Touch!! – 北川理恵

もはや説明不要のヒープリOP曲です。勢いのある力強い歌と『ゴープリ』『映画まほプリ』『映画スタプリ』田中裕太監督によるテンポの良く爽快な映像の相乗効果で素敵なOPに仕上がっています。

歌うのは北川理恵さん。『ゴープリ』前後期ED、『まほプリ』前後期OP、『スタプリ』OPに続き、すっかりプリキュア主題歌の常連です。歌い方のニュアンスもシリーズごとにガラッと変わっていて、表現の引き出しの深さにいつもながら驚かされます。

作詞は『映画ハピネス』挿入歌「勇気が生まれる場所」や『はぐプリ』挿入歌「大好き∞無限POWER」を手がけた、こだまさおりさん。そして作編曲は『ハトプリ』OP「Alright! ハートキャッチプリキュア!」や『スマプリ』OP「Let’s go! スマイルプリキュア!」をはじめ多数のプリキュアソングを手がけてきた高取ヒデアキさん&籠島裕昌さんのコンビ。長年のファンにはどこか懐かしさのある、そして現役世代のお子さんには新鮮な曲になったと思います。

  1. ミラクルっと♥Link Ring! – Machico

第1話から第19話まで使用された前期EDです。『ドキプリ』を思わせる大人っぽい曲調に、表情や仕草にさらに磨きの掛かった3Dダンス表現がベストマッチしてかっこいいEDになりました。

歌はMachicoさん。『プリアラ』での岬あやね役は記憶に新しいところです。「岬あやね(CV:Machico)」名義で「Soul Believer(岬あやねver.)」「IGNITION」も歌っておられました。

作詞はeNuさん。『プリアラ』でキュアショコラ/剣城あきらのキャラソン「ショコラ・エトワール」「エクレール・オ・ショコラ」を手がけたほか、『はぐプリ』挿入歌「LOVE & LOVE」も作詞しておられます。編曲も『はぐプリ』後期ED「HUGっと!YELL FOR YOU」の作編曲を手がけたKOHさんです。

ヒーリングっど♥プリキュア ボーカルアルバム ~Voice of life~

のどか&ラビリン、ちゆ&ペギタン、ひなた&ニャトランというコンビでのキャラソンと主題歌を歌う3人の歌手に加えてレジェンド・五條真由美さんも参加した豪華なアルバムです。

  1. LOVE FOR ALL – Machico

『ヒーリングっど♥プリキュア』の世界観をそのまま歌にした楽曲です。間奏には寺田志保さんのヒープリ変身BGMのフレーズも織り込まれています。歌唱は前期EDを歌うMachicoさん。

作詞作曲と編曲は、Nostalgic Orchestraのキノコ先生(藤本記子さん)とアフロ先生(福富雅之さん)。『まほプリ』以来、主題歌を含め数々の印象的な楽曲を提供してきたユニットです。

  1. ワタシBlooming – 花寺のどか(CV:悠木 碧)、ラビリン(CV:加隈亜衣)

のどラビ曲です。ヒープリは名乗りがパートナー妖精と一緒だったりとこれまでのシリーズより一歩踏み込んでプリキュアと妖精の関係を描いていて、楽曲展開もそこを前面に押し出したものとなりました。

ラビリンパートは合いの手から始まりCメロでは先行してメロを歌い、最後はのどかとのユニゾンになります。こういった楽曲内での関係性の変化にも注目して聴いてみると面白いかも知れません。

  1. ホッとスプリング – 沢泉ちゆ(CV:依田菜津)、ペギタン(CV:武田 華)

ペギタンの「ペェ~」という脱力系合いの手の表情の豊かさがポイントです。おそるおそる合いの手を入れるだけだったペギタンがちゆと並び立って歌えるようになるまでの成長には涙を禁じ得ません。

  1. カワイイ Be Ambitious!! – 平光ひなた(CV:河野ひより)、ニャトラン(CV:金田アキ)

期待していたものが期待以上のテンションでやってきた、そんな感じです。カラオケで歌うとメチャメチャ盛り上がるやつです。ああ…早くみんなでカラオケに行ける日々が戻ってきますように…。

  1. Good Good ハ~イ!! – Machico with 吉武千颯

フィドル(バイオリン)が入っていてちょっぴりぜいたくな曲です。歌唱は『スタプリ』EDを歌った吉武千颯さんと『ヒープリ』前期EDを歌ったMachicoさんというコンビ。

  1. かえりたい場所 – 北川理恵、宮本佳那子

激エモな歌詞とメロディーが壮大なオケアレンジと軽快な3連符乗せて歌われます。歴代シリーズで数々のOP・EDを歌ってきたコンビによる歌唱。

  1. シェアして! プリキュア – 五條真由美

『ヒーリングっど♥プリキュア』の歌でありつつも、歴代プリキュア全体の、プリキュアオールスターズのテーマソングとしても聞こえます。コロナ後の不安な世界を希望の光で照らしてくれる歌詞は、これこそプリキュアソングといったところ。

作詞は青木久美子さん、歌唱は五條真由美さんという「DANZEN! ふたりはプリキュア」からのレジェンド。青木さんらしい日本語と英語の言葉遊びや押韻がふんだんに盛り込まれています。

そして作曲・編曲は「トレビアンサンブル!!」「リワインドメモリー」など映画プリキュアで印象深い主題歌挿入歌を手がけてこられた三好啓太さんです。『ミラクルリープ』では挿入歌「Circle Love ~サクラ~」の作編曲も手がけられています。

  1. ふたごの目玉焼き、だ~れだ – 北川理恵

プリキュアソングとしては初の本格的な絵描き歌です。描き方はYouTubeのプリキュア公式チャンネルで公開されています。

ヒーリングっど♥プリキュア キャラクターシングル ~響き合う4つの声~

アスミ参加曲を集めた、前述のボーカルアルバムを補完するシングルです。

  1. ヒーリングっど♥プリキュア Touch!! ~Precure Quartet Ver~ – キュアグレース(CV:悠木 碧)、キュアフォンテーヌ(CV:依田菜津)、キュアスパークル(CV:河野ひより)、キュアアース(CV:三森すずこ)

昨年に引き続き、オープニング主題歌のプリキュア全員バージョンです。1番Bメロの大半が、キュアアース・三森さんソロパートになっています。ソロパートのみならず2人歌唱や3人歌唱など様々な組み合わせがあります。

  1. 風のシンパシー – 風鈴アスミ(CV:三森すずこ)、ラテ(CV:白石晴香)

アスミとラテのコンビのキャラソンです。三森さんの優しく包み込んでくれるような歌声と強く純粋な願いが込められた歌詞から、まだまだ謎多きキュアアース・風鈴アスミのキャラクター性を感じ取ることができます。

ラテ様は基本的に合いの手担当ですが、ラスサビでワンフレーズのみユニソンになっている箇所があります。歌詞も既に本編で明かされている背景とリンクしているように見え、重要なメッセージが込められているのは確かです。

  1. Ready Steady →プリキュア!! – キュアグレース(CV:悠木 碧)、キュアフォンテーヌ(CV:依田菜津)、キュアスパークル(CV:河野ひより)、キュアアース(CV:三森すずこ)

今期のプリキュア全員キャラソンです。短いソロパートを積み重ねながら全員で歌っていきます。個人的に予想していたような「戦闘シーンやクライマックスで流れる曲」といった雰囲気ではなく、むしろ“『ヒーリングっど♥プリキュア』というアイドルユニットの代表曲”といった趣があります。

後期主題歌シングル

第20話から使用されている後期ED「エビバディ☆ヒーリングッデイ!」とカップリング「Let’s手と手でキュン!」を収録したシングルです。

  1. エビバディ☆ヒーリングッデイ! – 宮本佳那子

前期EDとは雰囲気がガラリと変わって、ジャズタッチな曲です。2番でちょっとレゲエ風味になるのも楽しいです。生のブラスセクションも入っていて豪華なアレンジになっています。

佳那子氏が歌うプリキュアのエンディング主題歌は『プリアラ』後期ED「シュビドゥビ☆スイーツタイム」以来で、これで7曲目。佳那子氏が歌うプリキュアソングはこれで累計39曲となりました。

作詞はNostalgic Orchestraのキノコ先生(藤本記子さん)。これで主題歌への参加は『プリアラ』ED「レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム」、『はぐプリ』OP「We can!! HUGっと! プリキュア」、『スタプリ』OP「キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア」に続いて4年連続となりました。プリキュアソングへの歌詞提供は、これで29曲目。初期シリーズから活躍する青木久美子さん、六ツ見純代さん、只野菜摘さん、大森祥子さんに次ぐ曲数となりました。

作曲はANDW(アンドゥ)さん。多くのアイドルソングやアニメソングを手がけておられ、プリキュアには本曲が初参加となります。

編曲は立山秋航さん。多数のアイドルソングを手がけたほか、『けものフレンズ』シリーズ、『ゆるキャン△』シリーズの劇伴音楽でも知られます。立山さんもプリキュア初参加です。

  1. Let’s手と手でキュン! – 北川理恵・Machico・宮本佳那子

一言で言えば「10月末(例年)あたりの盛り上がるとこで流れそうな曲」、そんな雰囲気があります。後期EDとのカップリングという意味で『ゴープリ』「プリンセスの条件」や『プリアラ』「勇気が君を待ってる」に通じるところもあります。『ヒープリ』本編で使用されることを願います。

Bメロやサビのツーバス超絶乱打が印象的です。キュアメタル時代でもここまで派手なツーバスはあっただろうかという勢いです。

歌うのは北川理恵さん、Machicoさん、宮本佳那子さん。ヒープリ主題歌シンガーズ全員集合です。胸熱です。

作詞はマイクスギヤマさん。『ゴープリ』前期ED「ドリーミング☆プリンセスプリキュア」および後期ED「夢は未来への道」、さらには『ミラクルリープ』挿入歌「Circle Love~サクラ~」や「若葉のころ」も手がけておられます。特に理恵さんとは縁が深いと言えるでしょう。

作編曲はKOHTA YAMAMOTOさん。『はぐプリ』本編で流れたさあやのCMソング「野菜少女」で作編曲を手がけておられ、プリキュアでの正式な音盤としての商品化は今回が初めてとなります。

「ミラクルリープ」関連CD

10月28日(水)には『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』関連CDも発売されます。こちらもお早めの予約をおすすめします。

作成者: 祥太

広島生まれ広島育ちの中野民。同人サークル「SHOWTIME」でプリキュアの音楽研究本やフォント研究本などを作ったり、イベントに出たり、DJやったり。プリキュア関係でのお仕事はCDBOXの選曲協力や原画集の編集作業補佐など。