『ヒープリ』ボーカルアルバム本日発売、プリキュアソングは500曲に

本日2020年7月8日、「ヒーリングっど♥プリキュア ボーカルアルバム ~Voice of life~」が発売となります。先週7月3日に「ヒーリングっど♥プリキュアLIVE2020 キュアTouch! ヒーリングっど♥MUSIC!」公演中止が発表される中、久々の明るい話題です。

また本アルバム発売をもって、歴代プリキュアソングが「DANZEN! ふたりはプリキュア」から数えて累計500曲(SHOWTIME調べ)を達成しました。17年の歴史の重み、すごいですね…。

ボーカルアルバムというのは言わば「音楽でつくるもう一つのシリーズ」です。歌詞の中に今後のTVシリーズの展開や世界観が反映されていることも多いので、後年になってハッとさせられることもあります。

今回のアルバムの各収録楽曲について、簡単に触れてみます。

  1. LOVE FOR ALL – Machico

歌唱は前期EDを歌うMachicoさん、作詞作曲と編曲は、ノスオケのキノコ先生(藤本記子さん)とアフロ先生(福富雅之さん)。

『ヒーリングっど♥プリキュア』の世界観をそのまま歌にした楽曲です。間奏には寺田志保さんのヒープリ変身BGMのフレーズも織り込まれています。

  1. ワタシBlooming – 花寺のどか(CV:悠木 碧)、ラビリン(CV:加隈亜衣)

のどラビ曲です。ヒープリは名乗りがパートナー妖精と一緒だったりとこれまでのシリーズより一歩踏み込んでプリキュアと妖精の関係を描いていて、楽曲展開もそこを前面に押し出したものとなりました。

ラビリンパートは合いの手から始まりCメロでは先行してメロを歌い、最後はのどかとのユニゾンになります。こういった楽曲内での関係性の変化にも注目して聴いてみると面白いかも知れません。

  1. ホッとスプリング – 沢泉ちゆ(CV:依田菜津)、ペギタン(CV:武田 華)

ペギタンの「ペェ~」という脱力系合いの手の表情の豊かさがポイントです。おそるおそる合いの手を入れるだけだったペギタンがちゆと並び立って歌えるようになるまでの成長には涙を禁じ得ません。

  1. カワイイ Be Ambitious!! – 平光ひなた(CV:河野ひより)、ニャトラン(CV:金田アキ)

期待していたものが期待以上のテンションでやってきた、そんな感じです。カラオケで歌うとメチャメチャ盛り上がるやつです。

  1. Good Good ハ~イ!! – Machico with 吉武千颯

歌唱はスタプリとヒープリのEDコンビ。名前フィドル(バイオリン)が入っていてちょっぴりぜいたくな曲です。

  1. かえりたい場所 – 北川理恵、宮本佳那子

歴代シリーズで数々のOP・EDを歌ってきたコンビによる歌唱。激エモな歌詞とメロディーが壮大なオケアレンジと軽快な3連符乗せて歌われま歌われます。本篇で流れるといいな…。

  1. シェアして! プリキュア – 五條真由美

作詞は青木久美子さん、歌唱は五條真由美さんという「DANZEN! ふたりはプリキュア」からのレジェンド。青木さんらしい日本語と英語の言葉遊びや押韻がふんだんに盛り込まれています。そして作曲・編曲は「トレビアンサンブル!!」「リワインドメモリー」など映画プリキュアで印象深い主題歌挿入歌を手がけてこられた三好啓太さん。

『ヒーリングっど♥プリキュア』の歌でありつつも、歴代プリキュア全体の、プリキュアオールスターズのテーマソングとしても聞こえます。コロナ後の不安な世界を希望の光で照らしてくれる歌詞は、これこそプリキュアソングといったところ。

  1. ふたごの目玉焼き、だ~れだ – 北川理恵

プリキュアソングとしては初の本格的な絵描き歌です。ブックレットのどこにも完成図が示されていないため何度やってもクリーチャーを生み出してしまいましたが、本日9:00にYouTubeのプリキュア公式チャンネルで“模範解答”が公開されました。

さて再来週7月22日には本アルバムを補完する「ヒーリングっど♥プリキュア キャラクターシングル ~響き合う4つの声~」が発売されます。本アルバムとあわせて「幻のヒープリライブ」、そしていつの日か来るであろう晴れの舞台に思いを馳せ、「WE LOVE PRECURE MUSIC」を胸に、今はCDを聴きながら“おうちヒープリライブ”を楽しみましょう。

投稿者:

祥太

同人サークル「SHOWTIME」でプリキュアの音楽研究本やフォント研究本などを作ってます。プリキュア関係でのお仕事はCDBOXの選曲協力や原画集の編集作業補佐など。