プリキュア史上初! 『スター☆トゥインクルプリキュア』は…

2月スタートの『スター☆トゥインクルプリキュア』。本日、第2話が放送されました。

数々の名シーンを作ってきたアニメーター・板岡錦さんによるキュアミルキー変身・技BANKは必見です。ぜひご覧下さい。

さて、放送が第2話まで進んだことで見えてきたものがあります。

なんと『スター☆トゥインクルプリキュア』は「プリキュア史上初」
の…

… 予告がデフォで20秒なんです。30秒でも15秒でもありません。地味ですけど、一応これは紛れもなく「プリキュア史上初」です。

まず従来のプリキュアの放送フォーマットをおさらいしておきましょう。

『プリキュア』本放送フォーマット(2012年4月~2019年1月)

8:30:00アバン
8:32頃OP
8:33頃提供A(15秒)
8:34頃前CM(90秒)
8:35頃Aパート
8:42頃中CM(90秒)
8:44頃Bパート
8:55:20後CM(60秒)
8:56:20ED(90秒)
8:57:50次回予告(30秒)
8:58:20提供B(15秒)
8:58:35エンドカード(5秒) ※ここで番組終了
8:58:40(9:00番組ジャンクション(5秒))
8:58:45(テレビ朝日番宣(15秒))
8:59:00(以降、9:00までスポットCM)

※アバン+OP+Aパート+Bパート+ED+予告 = 24分05秒(DVD/Blu-rayに収録される範囲)

上記のフォーマットを基本として、映画告知や各種キャンペーン等は予告を30秒から15秒に削るなどして、あるいは提供A+Bを削るなどして捻出してきました。

一方、『スター☆トゥインクルプリキュア』第1話はこうなっていました。

『スター☆トゥインクルプリキュア』第1話本放送フォーマット

8:30:00アバン(ここで提供Aテロップ)
8:31:34OP
提供A(15秒)
8:33:04前CM(90秒)
8:34:34Aパート
8:42:02中CM(90秒)
8:43:32Bパート
8:55:15後CM(60秒)
8:56:15ED(90秒)
8:57:45次回予告(20秒)(ここで提供Bテロップ)
8:58:05プリキュア星座占い(15秒)
提供B(15秒)
8:58:20あいことばキャンペーン(15秒)
8:58:35あいことば(エンドカード)(5秒) ※ここで番組終了
8:58:40(9:00番組ジャンクション(5秒))
8:58:45(テレビ朝日番宣(15秒))
8:59:00(以降、9:00までスポットCM)

※アバン+OP+Aパート+Bパート+ED+予告 = 24分05秒(DVD/Blu-rayに収録される範囲)

1話だからとかいう以前に、派手にフォーマットが変わっています。

まず、ED入りが提供Aが飛んだ場合の時刻である「8:55:05」ではなく10秒遅い「8:55:15」である点が釈然としません。これはアバン+A+Bの尺がいつも通りの「20分35秒」ではなく10秒伸びて「20分45秒」になっていることを意味します。

とはいえ同時に予告が20秒に縮んでいるので、 これでも一応円盤収録尺は辻褄が合っています。

一方で今シリーズより始まったTVerによる見逃し配信では、第1話の「OP後の提供A」と「予告後の提供B」がそれぞれ15秒ではなく10秒に削られるという怪現象も起きていて、ますます混乱に拍車をかけます。何が起きているのでしょう。

続いて、安定したと思われる第2話の放送フォーマットを見てみましょう。

『スター☆トゥインクルプリキュア』第2話本放送フォーマット

8:30:00アバン
8:30:59OP
8:32:29提供A(15秒)
8:32:44前CM(90秒)
8:34:14Aパート
8:41:54中CM(90秒)
8:43:24Bパート
8:55:20後CM(60秒)
8:56:20ED(90秒)
8:57:50次回予告(20秒)
8:58:10プリキュア星座占い(15秒)
8:58:25提供B(15秒) ※ここで番組終了
エンドカード(5秒)
8:58:40(9:00番組ジャンクション(5秒))
8:58:45(テレビ朝日番宣(15秒))
8:59:00(以降、9:00までスポットCM)

※アバン+OP+Aパート+Bパート+ED+予告 = 23分55秒(DVD/Blu-rayに収録される範囲)

EDまでが通常フォーマットに戻ったことで、色々と見えてきました。ということで、1話の現象を二つに分けて考えてみましょう。

一つは「本編が10秒伸びた」件。これは単純に尺の都合と考えられます。そもそも1話はサブタイトル(7秒12コマ)すらスキップするほどツメツメだったので、本放送フォーマットでは「提供A+Bスキップで+30秒からのあいことばキャンペーンで-20秒」、再放送フォーマットでは「提供A、Bから5秒ずつ削って+10秒」という尺調整を行い、本篇尺を10秒稼いだと考えられます。

もう一つは「予告が20秒になった」件。これは「プリキュア星座占い」15秒を捻出するための策であると考えられます。しかし予告を10秒削っただけでは計算が合いませんね。…そうです。長年私達を楽しませてくれた、「またみてね」ことエンドカードの尺(5秒)が削られています。

少し寂しいですが、そのかわり一年間占いでドキドキさせていただくとしましょう。

投稿者:

祥太

成人済♂。広島生まれ、広島育ち、中野住み。同人サークル「SHOWTIME」でプリキュアの音楽研究本やフォント研究本などを作ってます。