最高の奇跡は、奇跡じゃないよ。「プリキュア15周年Anniversaryライブ ~15 Dreams Come True~」

2019年1月19、20日、「プリキュア15周年Anniversaryライブ ~15 Dreams Come True~」が開催されました。

お友達の協力も得つつ全公演への参戦が叶いましたので、セットリストを中心にレポートします。

1/19(土)夜公演 «Your☆Dream»

18:00、開演。最初は一体どんな曲から来るのか。まぁDANZEN!だろうな。…そんな安易な予想を裏切って最初に流れたのは…

  • 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』BGM「プリキュアオールスターズメモリーズ」

何と、あのクライマックスの主題歌メドレー曲に乗せて、エールからブルームまでの歴代ピンクキュア、そしてブラックとホワイトがステージに登場! 曲に合わせて一人ずつキメポーズを披露していきます。これは今しかできない演出! ニクいぜ! あと何がヤバいかって、効果音がプリキュアで一貫して音響効果を担当されている石野貴久さんの音なんですよ!!

  1. We can!! HUGっと! プリキュア(ロングイントロバージョン・TVサイズ) – 宮本佳那子
  2. SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード(TVサイズ) – 駒形友梨
  3. ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪ ~∞UNLIMITED ver.∞~(TVサイズ) – 工藤真由
  4. Alright! ハートキャッチプリキュア!(TVサイズ) – 池田 彩
  5. You make me happy!(TVサイズ) – 林 ももこ
  6. Let’s! フレッシュプリキュア! ~Hybrid ver.~(TVサイズ) – 茂家瑞季
  7. プリキュア5、フル・スロットル GoGo!(TVサイズ) – 工藤真由
  8. まかせて★スプラッシュ☆スター★(TVサイズ) – うちやえゆか
  9. DANZEN! ふたりはプリキュア ver. MaxHeart(TVサイズ) – 五條真由美

まずはオープニング主題歌から。土曜公演はハグアラ初代とスイフレ5S☆Sですが、流れ上ここにハトも含まれていました。公式コンサートで何度も聴いた人も、初めて生で聴く人も、しっかり会場が暖まります。

最初のトークコーナーは歌手のみなさん。ステージ下手(左)側から林さん、茂家さん、うちやえさん、五條さん、宮本さん、工藤さん、池田さん、駒形さん。

そしてトークコーナーが終わりスクリーンに映し出されたのは、歴代プリキュアを遡っていくフィルムモチーフの映像。最後に止まったコマは…

  • 『ふたりはプリキュア』第8話Bパートラスト(BGM:『ふたりはプリキュア』BGM M13)

いきなり映し出される「伝説の8話」。そして…

  1. ありったけの笑顔で – 本名陽子、ゆかな

完全にキュアブラックとキュアホワイトを意識した髪型と衣裳で登場したのは、本名さんとゆかなさん。最初のボーカルアルバム「DUAL VOCAL WAVE!」に収録された、なぎほののキャラソンです。予想はしていたけれど、そっか、歌っちゃうんだ、これ。生で聴くのは初めてだな…。このふたりがプリキュアでいてくれて本当にありがたいな…。などなど色々な思いが巡ります。

歌の後は、ブラックホワイトの生名乗りとトークコーナー。そして…

  1. プリキュアテンション BING BING BANG BANG! – 五條真由美、*本名陽子、*ゆかな

2枚目のボーカルアルバム「VOCAL RAINBOW STORM!!」収録の五條さんの歌です…が、えっ、なぎほのも一緒に歌ってくれるの!? 今回のライブのサプライズの一つ「別にキャラソンじゃなくても声優さん歌うよ」が、ここから発動します。

  1. フレフレ! アイム・ア・チアリーダー!! – 引坂理絵
  2. ウサギフト – 美山加恋
  3. 勇気が君を待ってる – 駒形友梨、*美山加恋

続いて、昨年のライブでも披露されたキュアエールのキャラソン。引坂さんのパフォーマンスは去年のライブよりも格段に向上していて、はなちゃんと二人三脚でリアルに成長した姿を見せてくれました。そしてプリアラライブには間に合わなかった「苺坂物語」収録曲に、プリアラライブでも披露された#31挿入歌のデュエットバージョン。美山さんが、宇佐美いちかでいたこと、いや、今も宇佐美いちかでいることを本当に大切にしてくださっているんだとひしひしと感じさせてくれました。

そして、引坂さん、美山さんによる生名乗りと、駒形さんも交えたトーク。

  1. Girls never give up life – 小清水亜美、*池田 彩
  2. ハッピーカムカム – 沖 佳苗
  3. 明日、花咲く。笑顔、咲く。 – *三瓶由布子、*キュア・カルテット(=五條真由美、うちやえゆか、工藤真由、宮本佳那子)
  4. ガンバランスdeダンス ~咲&舞version~(映画サイズ) – 樹元オリエ、榎本温子

ここからは未知なるゾーンです。何せ、これらのシリーズのキャラソンを声優さんご本人が公式イベントで歌唱するのは初めてなのですから。響のキャラソンは、ハモリパートを重視したためか小清水さんと池田さんによるデュエット。ラブちゃんの歌は、沖さんご本人。「明日、花咲く。」は三瓶さんと、奇しくもこの日全員勢揃いしていた懐かしの「キュア・カルテット」メンバーで歌います。ガンバランスは、何と映画の咲舞バージョンをご本人達が。

そして、小清水さん、沖さん、三瓶さん、樹元さん、榎本さんによる生名乗り&トークコーナー。三瓶さんがのぞみ声を出す過程で、低めのイケボで「キュアドリーム」と口走るなどして会場を沸かせます。

プリキュアオールスターズDXメドレー for 3D theater

  1. プリキュアモードにSWITCH ON! – キュア・カルテット
  2. プリキュア、奇跡デラックス – *茂家瑞季、*林ももこ、*池田 彩
  3. ありがとうがいっぱい – キュア・レインボーズ(=五條真由美、うちやえゆか、工藤真由、宮本佳那子、茂家瑞季、林ももこ、池田 彩)
  4. キラキラkawaii! プリキュア大集合♪ ~いのちの花~ – *駒形友梨、*キュア・レインボーズ
  5. Come on! プリキュアオールスターズ – *出演者全員

2011年、各地のイベント等で小規模公開された『プリキュアオールスターズDX 3Dシアター』。その本編中で使用されたのが「プリキュアオールスターズDXメドレー for 3D theater」。DSゲーム主題歌、DX1エンディング、DX3エンディング、DX3オープニング、そして3Dシアターオリジナル主題歌…シリーズ同士をつなぐアンセムともいえる楽曲のたたみかけで、当時のファンは涙したものです。それがこの日、ステージ上で完全再現されたのです。歌は言うまでもなく、「奇跡デラックス」直後にフレッシュ組が見せる劇中のダンスもダンサーの方々により完コピされていて、客席にはどよめきが起こりました。そして「キラキラkawaii」は駒形さんをセンターとして、キュア・レインボーズとともに歌います。最後はこの日の出演者全員で。このブロックは、初回公演のクライマックスといえるでしょう。

エンディングテーマメドレー

  1. ゲッチュウ! らぶらぶぅ?!(TVサイズ) – 五條真由美、*本名陽子、*ゆかな
  2. キラキラしちゃってMy True Love!(TVサイズ) – 宮本佳那子、*工藤真由、*三瓶由布子
  3. ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!!(TVサイズ) – 池田 彩、*工藤真由、*小清水亜美
  4. H@ppy Together!!!(TVサイズ) – 林ももこ、*茂家瑞季、*沖 佳苗
  5. Tomorrow Song ~あしたのうた~(TVサイズ) – 工藤真由、*池田 彩
  6. 「笑うが勝ち!」でGO!(TVサイズ) – 五條真由美、*うちやえゆか、*樹元オリエ、*榎本温子
  7. レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム(TVサイズ) – 宮本佳那子、*駒形友梨、*美山加恋

EDメドレーはオリジナル歌手とOP担当の相方、そしてシリーズ声優がみんな一緒になって歌う夢のコラボです。

そして引坂さんが登場、観客のみんなと声を合わせて『HUGっと!プリキュア』の5人を呼びます。

  • はぐプリチーム登場(BGM:『HUGっと!プリキュア』HG03A)
  1. HUGっと! YELL FOR YOU(フル・ショート) – *引坂理絵、*宮本佳那子

ラストはこの曲です。他の主題歌はTVサイズがほとんどですが、この曲は間奏や大サビも含めた長めの尺で歌われました。

アンコール

とにかく、はけてからのアンコールからの再登壇が早い。いいことです。

アンコール楽曲の前に、まずは全員の挨拶。順に宮本さん、引坂さん、駒形さん、美山さん、池田さん、小清水さん、茂家さん、林さん、沖さん、工藤さん、三瓶さん、うちやえさん、樹元さん、榎本さん、本名さん、ゆかなさん、五條さん、そして再び宮本さん。ここで五條さんが「会場のみんなもプリキュア」と言ってくださったのですが、それが翌日放送の『HUGっと!プリキュア』第48話の内容を示唆していたため引坂さんは内心ドキッとしたと翌日の公演で語られています。

そして最後は、あの曲。

  1. DANZEN! ふたりはプリキュア ~唯一無二の光たち~(映画サイズ) – *出演者全員

初代とはぐだけでなく、全ての世代をつないでくれた、今回の秋映画。15周年というかつてない現象に感謝しつつ、初回公演が幕を下ろすのを見届けました。

S☆S、5、フレ、スイ多めの回だけあって、この日は当時知り合った私の古いプリキュア友達も多く参戦しており、近年はプリキュアから離れてしまった人達も含めて、さながらプリキュアファン同窓会の様相を呈していました。

1/20(日)昼公演 «My☆Dream»

いくつかのパートは全公演共通となっていますので、説明を省略します。

  • 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』BGM「プリキュアオールスターズメモリーズ」
  1. We can!! HUGっと! プリキュア(ロングイントロバージョン・TVサイズ) – 宮本佳那子
  2. SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード(TVサイズ) – 駒形友梨
  3. Dokkin♢魔法つかいプリキュア! Part2(TVサイズ) – 北川理恵
  4. Miracle Go! プリンセスプリキュア(TVサイズ歌詞2番) – 礒部花凛
  5. ハピネスチャージプリキュア!WOW!(TVサイズ) – 仲谷明香
  6. ラブリンク(TVサイズ) – 吉田仁美
  7. Happy Go Lucky! ドキドキ!プリキュア(TVサイズ) – 黒沢ともよ
  8. Let’s go! スマイルプリキュア!(TVサイズ) – 池田 彩
  9. Alright! ハートキャッチプリキュア!(TVサイズ) – 池田 彩、*水樹奈々、*水沢史絵
  10. ハートキャッチ☆パラダイス!(TVサイズ) – 工藤真由、*水樹奈々、*水沢史絵
  11. DANZEN! ふたりはプリキュア ver. MaxHeart(TVサイズ) – 五條真由美

初回公演と同様のオープニング主題歌ブロックですが、ご自身のライブ開演を2時間半後に控えた水樹さんを全力で送り出すべく、水樹さんはこちらでOPと前期EDを歌っていかれました。そして歌手トークコーナーの前に、早々に水樹さん、水沢さんによる生名乗りのコーナー。ひとしきりやりたかったことをやりきって晴れやかな奈々様を、会場の全員で送り出します。まるで、家族を「行ってらっしゃい」と見送るようでした。

歌手トークコーナーは、順に五條さん、池田さん、工藤さん、吉田さん、黒沢さん、仲谷さん、礒部さん、北川さん、駒形さん、宮本さん。礒部さんのほわ~んとしたトークで脱力するなどしつつ。

  • 『ふたりはプリキュア』第8話Bパートラスト(BGM:『ふたりはプリキュア』BGM M13)
  1. ありったけの笑顔で – 本名陽子、ゆかな

ここで本名さん、ゆかなさんトーク。何故か初回にあった名乗りはなく、忘れたのかな?と思っていたら…

  1. 情熱!∞ – 五條真由美、*本名陽子、*ゆかな (※間奏部、キュアブラック、キュアホワイト名乗りあり)

初回同様、五條さんの持ち歌を3人で歌います。…はい、名乗りはここで、この曲の間奏で、来ました。何というエモいことを…。その「圧」と存在感は、鳥肌モノでした。

  1. フレフレ! アイム・ア・チアリーダー!! – 引坂理絵
  2. ウサギフト – 美山加恋
  3. 勇気が君を待ってる – 駒形友梨、*美山加恋
  4. ドリーミング☆プリンセスプリキュア(TVサイズ) – 北川理恵、*嶋村 侑
  5. 夢までふたり乗り♪ – 高橋李依

初回公演と同様の流れに、嶋村さんが加わったゴープリ前期ED。そして開口一番「朝日奈みらいです!!」と叫んで元気よく登場した高橋さんが、みらいちゃんキャラソンを歌います。

そして引坂さん、美山さん、高橋さん、嶋村さん生名乗り&トーク。嶋村さんにとっては、初めて生で聞くキュアエールの名乗りとのこと。

  1. ドデカ・ラブ – 中島 愛
  2. 笑う 笑えば 笑おう♪ – *福圓美里、*池田 彩、*吉田仁美
  3. たからもの – *生天目仁美
  4. ~SONGBIRD~ – 宮本佳那子

アーティストとしての活動も顕著な中島さんですが、意外にもこの歌をスタジオ外で歌うのは今回のライブが初めてとなったそうです。そして予想外の「笑う 笑えば 笑おう♪」。かつて高梨康治さんのライブ「キュアメタルナイト」で田野さん西村さんが歌ったこの歌を、呼応するように福圓さん達が歌います。そしてまたまた予想だにしなかった、生天目さんソロによる「たからもの」。原曲よりも大人びた歌唱で、クライマックシーンで映る大人マナを想起せずにはいられません。そして、満を持して「SONGBIRD」。衣裳もまこぴースタイルにチェンジして登場した宮本さんご本人が歌います。歴代でただ一人、プリキュア声優とプリキュア歌手をハイブリッドに担当する佳那子氏ならではです。

そして福圓さん、水沢さん、中島さん、宮本さん、生天目さんによる生名乗り&トーク。「知性の青き泉、キュアマリン!」の名乗りで、会場は爆笑の渦に巻き込まれました。奇しくも同じ中野サンプラザで2010年12月4日に公演された「水樹奈々大いに唄う 弐」にも話題は及び、水樹さんと水沢さんによるブロッサム&マリンの名乗りを受けて「今年の汚れ、今年のうちに! キュアマジックリン!」という有名な名乗りを披露し、それが後に本当にプリキュア出演へと繋がっていったエピソードが福圓さんから語られます。

  1. プリキュア・メモリ(NewStage3 Version)(映画サイズ) – *吉田仁美、*黒沢ともよ、*仲谷明香、*礒部花凛
  2. イマココカラ – *礒部花凛、*黒沢ともよ、*仲谷明香、*吉田仁美
  3. 明日笑顔になぁれ!(映画サイズ) – 北川理恵、*出演者全員

後期シリーズを繋ぐ軸は何だろうと考えたとき、やはりこれら春映画の主題歌が要となるようです。それまでほわほわしたトークで笑いを誘っていた礒部花凛さんが、「イマココカラ」で突如として凜々しいミュージカル歌唱をみせます。「ギャップが魅力」というやつです。そして最後は前回の春映画主題歌を、北川さんと、全員で。

エンディングテーマメドレー

  1. ゲッチュウ! らぶらぶぅ?!(TVサイズ) – 五條真由美、*本名陽子、*ゆかな
  2. Tomorrow Song ~あしたのうた~(TVサイズ) – 工藤真由、*池田 彩、*水沢史絵
  3. この空の向こう(TVサイズ) – 吉田仁美、*黒沢ともよ、*生天目仁美、*宮本佳那子
  4. イェイ! イェイ! イェイ!(TVサイズ) – 吉田仁美、*池田 彩、*福圓美里
  5. パーティ ハズカム(TVサイズ) – 吉田仁美、*仲谷明香、*中島 愛
  6. 夢は未来への道~キュアフローラVer.~(TVサイズ) – 北川理恵、*礒部花凛、*嶋村 侑
  7. CURE UP↑RA♡PA☆PA!~ほほえみになる魔法~(TVサイズ) – 高橋李依、*北川理恵
  8. レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム(TVサイズ) – 宮本佳那子、*駒形友梨、*美山加恋

初回公演と同様、エンディングメドレーは本人とOP担当の相方、そして声優で一緒に歌います。ファンにとっては嬉しいコラボです。

  • はぐプリチーム登場(BGM:『HUGっと!プリキュア』HG03A)
  1. HUGっと! YELL FOR YOU(フル・ショート) – *引坂理絵、*宮本佳那子

アンコール

アンコール楽曲の前に、全員の挨拶。順に宮本さん、引坂さん、駒形さん、美山さん、北川さん、高橋さん、磯部さん、嶋村さん、仲谷さん、中島さん、黒沢さん、生天目さん、吉田さん、福圓さん、池田さん、水沢さん、工藤さん、本名さん、ゆかなさん、そして五條さん。

  1. DANZEN! ふたりはプリキュア ~唯一無二の光たち~(映画サイズ) – *出演者全員

1/20(日)夜公演 «All☆Dreams»

  • 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』BGM「プリキュアオールスターズメモリーズ」
  1. We can!! HUGっと! プリキュア(ロングイントロバージョン・TVサイズ) – 宮本佳那子
  2. SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード(サビ編集) – 駒形友梨
  3. Dokkin♢魔法つかいプリキュア! Part2(サビ編集) – 北川理恵
  4. Miracle Go! プリンセスプリキュア(サビ編集) – 礒部花凛
  5. ハピネスチャージプリキュア!WOW!(サビ編集) – 仲谷明香
  6. ラブリンク(サビ編集) – 吉田仁美
  7. Happy Go Lucky! ドキドキ!プリキュア(サビ編集) – 黒沢ともよ
  8. Let’s go! スマイルプリキュア!(サビ編集) – 池田 彩
  9. ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪ ~∞UNLIMITED ver.∞~(サビ編集) – 工藤真由
  10. Alright! ハートキャッチプリキュア!(サビ編集) – 池田 彩
  11. You make me happy!(サビ編集) – 林 ももこ
  12. Let’s! フレッシュプリキュア! ~Hybrid ver.~(サビ編集) – 茂家瑞季
  13. プリキュア5、フル・スロットル GoGo!(サビ編集) – 工藤真由
  14. まかせて★スプラッシュ☆スター★(サビ編集) – うちやえゆか
  15. DANZEN! ふたりはプリキュア ver. MaxHeart(TVサイズ) – 五條真由美

最終公演はさすがに全シリーズを一度にやりきる関係上、このブロックも初代とはぐ以外はサビのみを編集して駆け抜けます。

そして歌手トーク。左から駒形さん、礒部さん、黒沢さん、池田さん、工藤さん、宮本さん、五條さん、うちやえさん、茂家さん、林さん、吉田さん、仲谷さん、北川さん…と全プリキュア主題歌歌手が並んだ姿は、感無量でした。

そして「DANZEN! ふたりはプリキュア ~唯一無二の光たち~」カラオケをBGMに歌手は一旦はけます。

  1. フレフレ! アイム・ア・チアリーダー!! – 引坂理絵
  2. ウサギフト – 美山加恋
  3. ドリーミング☆プリンセスプリキュア(TVサイズ) – 北川理恵、*嶋村 侑
  4. 夢までふたり乗り♪ – 高橋李依
  5. ドデカ・ラブ – 中島 愛
  6. 笑う 笑えば 笑おう♪ – *福圓美里、*池田 彩、*吉田仁美
  7. たからもの – *生天目仁美

このブロックはほぼ2回目公演を踏襲した形です。高橋さんは「朝日奈みらい、歌いまーす!」と叫んで颯爽登場。「キュアップ・ラパパ! みんなに、リコに届け!」というお言葉まで残していかれました。

そして引坂さん、美山さん、高橋さん、嶋村さん、中島さん、生天目さん、福圓さんによるトークコーナー。劇中の口グセに因んだネタを披露していくコーナーでは、最後のオチ担当としての役割を自覚した福圓さんが2回目公演で振り付けを間違え一人「すしざんまいのポーズ」をしたエピソードを往年の「ウルトラはっぷっぷー」とともに披露してくれました。

  1. ハートキャッチ☆パラダイス!(TVサイズ) – 工藤真由、*水沢史絵

ここで、工藤さん、水沢さん、小清水さん、池田さんによるちょっとした小ネタのコーナーがありました。今日はリズムがいないからと、池田さんに「キュアあやちゃん」の名乗りをさせる小清水さん。それを受けて水沢さんは「こういうの『茶番』って言うんだよ」と、小さなお友達に囁きかけます。そして小清水さんは『ふたりはプリキュア』の「偽キュアブラック=越野夏子」として劇中の誤った名乗り「さっさとおウチに帰りなさ~い!」を披露。キュアマリンとファリーが退散していくというもので、会場は大爆笑でした。なお水沢さんと小清水さんはプリキュアになるずっと前、『エウレカセブン』(2005)で共演して以来のとても親しい間柄です。

  1. Girls never give up life – 小清水亜美、*池田 彩
  2. ハッピーカムカム – 沖 佳苗
  3. 明日、花咲く。笑顔、咲く。 – *三瓶由布子、*キュア・カルテット
  4. ガンバランスdeダンス ~咲&舞version~(映画サイズ) – 樹元オリエ、榎本温子

こちらも初回公演を踏襲しています。

ここで小清水さん、水沢さん、沖さん、三瓶さん、樹元さん、榎本さんによるトークコーナー。各々の決め台詞を披露していきます。が。小清水さんは何故か「気合いのレシピ」を実演。客席のひびかな勢が光となります。以降「やるっしゅ!」「幸せゲットだよ!」(けって~い!は昨日やったから)「なんとかなるなる!」「絶好調なり~!」と来て、まいまいはこれといってキメ台詞らしきものがなかったため予告ナレーションの「ぶっちゃけはっちゃけトキメキパワーで絶好調!」を、オリあつ二人で息ぴったりに披露してくれました。途中、進行そっちのけで小さなお友達に構い続ける小清水さんと水沢さんを目の当たりにして三瓶さんが「あそこはほっとこう」と言い放ち笑いを誘います。三瓶さんと小清水さんは、子役時代からの親友。そして三瓶さんと水沢さんもエウレカ以来の親しい仲です。こういった「プリキュア以前からの付き合い」が見えてくるのも、このフリートークコーナーの魅力です。

ここで榎本さんから本公演のスケジュールは2年も前から押さえられていたことが語られ、観客を驚かせました。それまでの間ずっと健康でいなければならないプレッシャーが大きかったとのこと。

  • 『ふたりはプリキュア』第8話Bパートラスト(BGM:『ふたりはプリキュア』BGM M13)
  1. ありったけの笑顔で – 本名陽子、ゆかな
  2. ゲッチュウ! らぶらぶぅ?!(TVサイズ) – 五條真由美、*本名陽子、*ゆかな
  • 出演声優全員名乗り(BGM:『プリキュアドリームスターズ!』M36「桜MISSION ~プリキュアリレーション~(Movie version)」カラオケ)

ここで、最終公演に集まった全ての声優さんによるプリキュア生名乗り。結局今回は歌われなかったなーと思っていた「桜MISSION」劇中バージョンのカラオケに乗せて、振り付きで実演されました。幸せすぎました。

  1. リワインドメモリー – 五條真由美、宮本佳那子、*出演者全員

今回はないのかなと思っていたら、最終公演で来た! 今回の映画の挿入歌!! しかも全員歌唱!!!

ここで舞台が暗転し、出演者がはけていきます…すると、スクリーンに映し出される『スター☆トゥインクルプリキュア』の文字。そしてキュアスター達スタプリ組4人と、北川さんが登場。…そうか、やはり来たか。

  1. キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア(TVサイズ)(『スター☆トゥインクルプリキュア』OP) – 北川理恵
  1. WINくる!ミラクルユニバース☆(映画サイズ)(『映画プリキュアミラクルユニバース』ED) – 北川理恵

両曲とも、これが初お披露目となりました。テンションが上がりすぎていてほとんど記憶に残っていないのですが、聞いててめっちゃ楽しい曲だということだけは覚えています。

エンディングテーマメドレー

  1. ムリムリ!?ありあり!!INじゃぁな~い?! – 五條真由美、*本名陽子、*ゆかな
  2. キラキラしちゃってMy True Love!(TVサイズ) – 宮本佳那子、*工藤真由、*三瓶由布子
  3. ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!!(TVサイズ) – 池田 彩、*工藤真由、*小清水亜美
  4. H@ppy Together!!!(TVサイズ) – 林ももこ、*茂家瑞季、*沖 佳苗
  5. 「笑うが勝ち!」でGO!(TVサイズ) – 五條真由美、*うちやえゆか、*樹元オリエ、*榎本温子
  6. Tomorrow Song ~あしたのうた~(TVサイズ) – 工藤真由、*池田 彩
  7. この空の向こう(TVサイズ) – 吉田仁美、*黒沢ともよ、*生天目仁美、*宮本佳那子
  8. イェイ! イェイ! イェイ!(TVサイズ) – 吉田仁美、*池田 彩、*福圓美里
  9. パーティ ハズカム(TVサイズ) – 吉田仁美、*仲谷明香、*中島 愛
  10. 夢は未来への道~キュアフローラVer.~(TVサイズ) – 北川理恵、*礒部花凛、*嶋村 侑
  11. CURE UP↑RA♡PA☆PA!~ほほえみになる魔法~(TVサイズ) – 高橋李依、*北川理恵
  12. レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム(TVサイズ) – 宮本佳那子、*駒形友梨、*美山加恋

怒濤のEDテーマ12連発。ほとんどは初回、2回目公演で歌われた歌ですが、ここでMaxHeartの前期ED「ムリムリ」が今回のライブで初登場。五條さんが、本名さん、ゆかなさんと一緒に歌います。

以降の流れは、他の公演と同一です。

  • はぐプリチーム登場(BGM:『HUGっと!プリキュア』HG03A)
  1. HUGっと! YELL FOR YOU(フル・ショート) – *引坂理絵、*宮本佳那子

アンコール

ここで、今回の出演者が全員ステージに並びます。下手(左)側から順に、駒形さん、美山さん、磯部さん、嶋村さん、黒沢さん、生天目さん、池田さん、小清水さん、水沢さん、工藤さん、三瓶さん、宮本さん、引坂さん、五條さん、本名さん、ゆかなさん、樹元さん、榎本さん、うちやえさん、沖さん、茂家さん、林さん、福圓さん、吉田さん、中島さん、仲谷さん、高橋さん、北川さん。

さすがに人数も多すぎるので、代表して宮本さん、引坂さん、本名さん、ゆかなさん、五條さんが挨拶。宮本さんも引坂さんも感極まって泣きそうになりながらの挨拶でした。

ヤング・フレッシュの一員として「ゲッチュウ」のコーラス録りに参加した宮本さん。「キラキラしちゃって」でソロデビューを果たし、プリキュアの歌を多数歌い、キュアソード=剣崎真琴としてプリキュア声優も経験。そして「We can HUGっと!」で初めてオープニングテーマを歌ってきた、彼女のプリキュアでのあゆみ。北川さんがバトンを引き継いでくれることの頼もしさと、その一方で『HUGっと!プリキュア』があと1回で終わってしまう、自分の歌が役割を終えてしまうことの寂しさ、そしてこの歌をこれからも大切に歌っていきたいという誓いを、率直に私達に語ってくれました。

引坂さんも、キュアエール=野乃はなとして一生懸命に走り抜いた一年間、たくさんの歌手、声優、そしてスタッフ達のおかげでステージに立てたこと、役をもらった頃の自分より成長できたことを、涙をこらえながら話してくれました。

今期の主役と歌手がこの二人で本当に良かった……心から、そう思いました。

  1. DANZEN! ふたりはプリキュア ~唯一無二の光たち~(映画サイズ) – *出演者全員

こうして、「プリキュア15周年Anniversaryライブ ~15 Dreams Come True~」は全公演を大成功のうちに終えました。

これだけの盛りだくさんな内容にもかかわらず、終わってみると「あれも聴きたかった、これも聴きたかった」「あの人や、この人もいてほしかった」という欲が後から後から出てくるものです。

でも、それはとても幸せなことかも知れません。まだまだプリキュア音楽の世界は広がっていて、今回来ることが叶わなかった人も含めて、歌いたい人も、聴きたい人も、まだまだたくさん待っています。きっといつかは、「次」もあることでしょう。その頃にはプリキュアの歌はますます増えているはずです。

これまで出会ってきた歌を大切に聴き返しながら、これから出会う歌を楽しみに、「次」を夢見て待つことにします。

投稿者:

祥太

成人済♂。広島生まれ、広島育ち、中野住み。同人サークル「SHOWTIME」でプリキュアの音楽研究本やフォント研究本などを作ってます。