受け継がれる歌のバトン、そして現実になったプリキュアの物語。

7/29(日)、プリキュアライブ第二弾「HUGっと!プリキュア LIVE2018 ライブ・フォー・ユー!!」が昼・夜2部開催されました。

また同日、来年1月の「プリキュア15周年Anniversaryライブ」開催も発表されています。

https://www.marv.jp/special/precure_live/

今回公演のセットリストは次の通りでした(筆者メモによる。公式発表ではありません)。

昼公演(1部)

  1. We can!! HUGっと! プリキュア(ロング・イントロ・バージョン) 歌:宮本佳那子
  2. HUGっと! 未来☆ドリーマー ⇒ HUGっと! 未来☆ドリーマー(5 PRECURE Ver.) 歌:引坂理絵、本泉莉奈、小倉 唯、田村奈央、田村ゆかり

(MC)8人全員自己紹介、名乗り

  1. トモダチという奇跡 歌:本泉莉奈、小倉 唯

(映像)#15本編

  1. キミとともだち 歌:田村奈央、田村ゆかり
  2. 明日笑顔になぁれ! 歌:北川理恵、五條真由美、宮本佳那子

(MC)「かわいくウォー!」

  1. Go! Go! GO分咲き女の子 歌:北川理恵
  2. Dokkin♢魔法つかいプリキュア! Part2 歌:北川理恵
  3. DANZEN!ふたりはプリキュア ~唯一無二の光たち~ 歌:五條真由美
  4. 未発表曲(『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』挿入歌)

(映像)ツインラブ・ロックビートBANK

  1. LOVE&LOVE 歌:田村奈央、田村ゆかり

(映像)#11本編

  1. フレフレ! アイム・ア・チアリーダー!! 歌:引坂理絵

(MC)次でラスト…

  1. HUGっと! YELL FOR YOU 歌:引坂理絵、本泉莉奈、小倉 唯、田村奈央、田村ゆかり

アンコール
(MC)各自感想

  1. HUGっと! 未来☆ドリーマー(5 PRECURE Ver.) 歌:引坂理絵、本泉莉奈、小倉 唯、田村奈央、田村ゆかり、宮本佳那子、北川理恵、五條真由美

夜公演(2部)

  1. We can!! HUGっと! プリキュア(ロング・イントロ・バージョン) 歌:宮本佳那子
  2. HUGっと! YELL FOR YOU 歌:引坂理絵、本泉莉奈、小倉 唯、田村奈央、田村ゆかり

(MC)8人全員自己紹介、名乗り
(映像)#20本編

  1. 大好き∞無限POWER 歌:田村奈央、田村ゆかり
  2. 桜MISSION~プリキュアリレーション~ 歌:北川理恵、五條真由美、宮本佳那子
  3. レッツ・ラ・クッキン☆ショータイム 歌:宮本佳那子

(MC)佳那子氏、プリキュア愛を大いに語る

  1. 七色の世界 歌:七色の世界
  2. DANZEN!ふたりはプリキュア ~唯一無二の光たち~ 歌:五條真由美

(MC)全員⇒五條さん宮本さん

  1. 未発表曲(『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』挿入歌)

(映像)#22本編

  1. キミとともだち 歌:田村奈央、田村ゆかり
  2. イマージュの翼 歌:本泉莉奈
  3. もう一度、あの空の先へ 歌:小倉 唯

(MC)三人の絆

  1. ZUTTO 在る ココに 歌:引坂理絵、本泉莉奈、小倉 唯

アンコール
(MC)もらい泣き大会

  1. HUGっと! 未来☆ドリーマー(5 PRECURE Ver.) 歌:引坂理絵、本泉莉奈、小倉 唯、田村奈央、田村ゆかり、宮本佳那子、北川理恵、五條真由美

『HUGっと!プリキュア』のライブと銘打ってはいますが、今回もそれに縛られることなく過去シリーズの歌もありはたまた未発売曲、あまつさえ初披露曲などもあり、盛りだくさんのラインナップとなりました。

五條さんの「DANZEN! ふたりはプリキュア」/「ゲッチュウ! らぶらぶぅ?!」から始まった、プリキュア音楽の歴史。そして「ゲッチュウ!」にコーラスで参加した宮本さんが「キラキラしちゃってMy True Love!」でソロデビュー。北川さんは「ドリーミング☆プリンセスプリキュア」でプリキュアに参入。3人とも、現在進行形でプリキュアソングに深く関わっておられます。他の歌手や声優さんも含めて連綿と受け継がれてきたプリキュアの「歌のバトン」が15周年の今こうしてライブという形で結実していることを、とても感慨深く思います。MCでは昔からの五條さんと宮本さんのやり取りなどにも触れられ、プリキュアシンガーズの相変わらずの仲の良さやお互いに信頼し合っていることを伺わせてくれました。

特にED主題歌歌手からプリキュア声優に、そして再びED主題歌歌手からついにOP主題歌歌手へと幾度も華麗な転身を遂げた宮本佳那子さんは『HUGっと!プリキュア』オープニング主題歌の冒頭歌詞になぞらえて「何度も奇跡を起こさせてもらった」と述懐されていました。

またMCでは特に、引坂さん、本泉さんのお話が強く印象に残りました。

今回のライブに出演した8人、5人の声優と3人の歌手。みなキャリアもステージパフォーマンスの経験も異なるチームです。

本泉さんは2部アンコール時のMCで観客に感謝の言葉を述べた後、感極まって号泣されました。今回のライブのために必死になって練習を積んだ、本泉さん。そんな本泉さんの必死に頑張る姿を見守ってきたソロライブ経験を積んでおられる小倉さんも、本泉さんからもらい泣きをしてしまいます。もはや「声優としての共演仲間」という以上に、プリキュアにも通じる「同じ夢を叶えるために走ってきた仲間」としての連帯感を見せられた気がしました。

そんな感動的なエピソードの後に田村奈央さんが破天荒なボケっぷりを披露し、会場を笑いの渦に包み込みます。

そして今回のメンバーの中では最も大規模なソロライブの豊富な経験を持つ、田村ゆかりさん。ゆかりさんはそんな奈央さんの後で妙な空気になった末に回ってきたマイクの順番に「困ったな」と苦笑しながら、みんなで協力して歌うことに慣れていなくて楽しいと思ったこと、奈央さんが相方で良かったなと思ったことを打ち明けます。袖で「イマージュの翼」を聴いていて「あっ、天使がいるわ」と思ったというお話にも触れ再び本泉さんを号泣させるなどもされつつ、最年長のお姉さんとして優しく他のメンバーを見守ってくださっていることを伺わせてくれました。

また1部で同じく感極まって涙を見せた引坂さんは、経験のない自分が凄いメンバーに囲まれて今回のライブに臨むことに重いプレッシャーを感じていたことを率直に吐露します。これは『HUGっと!プリキュア』の物語において、現在進行形で野乃はなが直面している悩み、心の弱点に通じるところでもあります。

それを受けて他のメンバーは口々に、引坂さんが誰よりもライブの練習を頑張っていたことを私達観客に教えてくれました。特にプリキュアとしても先輩にあたる宮本佳那子さんは舞台上で、「引ちゃんは本当に頑張ってたと思う!」と労いの言葉を掛けていました。そして最後の最後でもらい泣きしてしまった、田村奈央さん。

こうしてたくさんの笑いとたくさんの涙で幕を下ろした、『HUGっと!プリキュア』ライブ。

単にプリキュアの歌手と声優が集合して生歌を聴かせてくれるという以上に、『プリキュア』という作品に携わる多くの人々の紡いだメタな物語が私達に夢と感動を与えてくれた気がします。

そこにあったのは紛れもなくプリキュアの物語、夢を叶える女の子達の物語でした。

「なんでもできる! なんでもなれる! 輝く未来を抱きしめて!」。

投稿者:

祥太

成人済♂。広島生まれ、広島育ち、中野住み。同人サークル「SHOWTIME」でプリキュアの音楽研究本やフォント研究本などを作ってます。