「15周年」の謎

今年は、「記念すべきプリキュア15周年」です。

『HUGっと!プリキュア』のタイトルが解禁された2017年11月29日(水) 午前7:00以来、公式からそのようにアナウンスされています。

一瞬「14周年では…?」と思いながらも空前のお祭りムードでぶっちゃけどうでもよくなってしまった素朴な疑問。いま、改めて考えてみたいと思います。

かつて『ドラえもん』でも、このようなことがありました。

  • 1989年春、「映画ドラえもん10周年記念作品」『ドラえもん のび太の日本誕生』が公開される。
  • 1993年度の放送でOP前に「テレビ化15周年」とのキャプションが表示される

これだけの情報だと、「『ドラえもん』は1978年に放送が始まり、翌1979年に映画化されたんだな」と思ってしまうかも知れません。しかし、実際には…

  • 1979年4月2日…『ドラえもん』TVシリーズ放送開始
  • 1980年3月15日…『ドラえもん のび太の恐竜』公開

と、まるまる1年ずれています。ちょうど、現在の「プリキュア15周年」と同じ格好です。

年齢に「満年齢」(誕生日ごとに(より正確には誕生日の「前日の」24:00に)1歳加算)と「数え年」(生年を1歳とし、正月を迎えるたびに1歳加算)の二つがあるように、「周年」にも辞書的な意味での「その数だけの年を経たこと」以外に「年目」と同等の意味で用いられる慣行があり、後者は必ずしも誤りとは言えないようです。

プリキュアの場合は『ハピネスチャージプリキュア!』で「満」周年を、『Yes! プリキュア5GoGo!』および『HUGっと! プリキュア』では「数え」周年をそれぞれ採用してしまったために、一見すると一貫性のないことになってしまいました。

そういえば2013年発売の「プリキュアボーカルベストBOX」は、「数え」5周年記念の一環であった「プリキュアボーカルBOX」の流れを汲み、『ハピネス』より1年早く「数え」10周年記念として企画されたものでした。結果的にこのズレによって後年の「数え」15周年記念の一環となった「プリキュアボーカルベストBOX 2013-2017」への『ドキドキ!プリキュア』未収録BGM大量収録が実現することになりますが、それはまた別のお話。

願わくば、『明日のナージャ』の「満」15周年も祝福されますように。

投稿者:

祥太

成人済♂。広島生まれ、広島育ち、中野住み。同人サークル「SHOWTIME」でプリキュアの音楽研究本やフォント研究本などを作ってます。